TOP > 入会案内

MCT-Jネットワーク(Mネット)って何?

 Mネットは、MCT-Jの普及を促し、精神障害当事者の福祉向上を目的に設立されたネットワークグループです。
 2015年10月現在、Mネットは医療従事者、福祉従事者を中心に多くの方々に支持され、会員数は500名を超えました。全国規模で研修会・勉強会を実施し、研修会の延べ参加者数は3000名を超えています。多くの患者さんが、MCT−Jに参加できるように、Mネットでは普及活動と研修会を実施していきます。

Mネットの会員は全国で活躍しています。

スクリーンショット 2015-10-23 15.19.27.png 2015年10月現在、44都道府県に会員がいます。右の地図で赤塗りになっている地域は1人以上の会員がいますので、あなたのそばにもMネット会員はいるかもしれません。地域内での連携を強化して、是非MCT−Jを実施してみてください。赤塗りになっていない県の施設に在籍している支援者の方も是非ご参加ください。歓迎いたします。

 Mネットでは、全国の精神障害当事者にMCT-Jを届けるために、全国規模で会員を募集しています。

MCT-Jが無償提供される理由

06e1d716e02ba825fc4d41859639d19a_s.jpg Moritz教授はインターネット上でMCTを無償配布しています。先進国、発展途上国を問わず、精神科医療に充てられる国家予算は相対的に少ないため、著作権料が発生したり、ハンブルクでの研修を義務付けたりするような方法では、いかに良い方法であっても当事者に届かないのではないかと危惧されたからです。Moritz教授のご意志を汲み、Mネットも非営利のボランティア活動とし、MCT-Jを無償配布することで普及に努めます。


Mネットの会員になるには

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_s.jpgMCT-Jを使用している、あるいは使用を予定している方であれば、職場、職種を問わず会員になれます。ただし、MCT-Jを使用するにあたっては、MCTのホームページでオンライン登録を行わなければなりません(登録URLは入会時にお知らせします)。なお、オンライン登録をせず、MCTを応用した独自のツール、技法を開発、使用されている方は、会員登録時にその旨をお知らせください。会員に登録するためには、当HPより入会申し込みを行い、会長と事務局長の両名から登録許可を得ることにします。Mネットのメーリングリストを開設しましたので、会員はそこに参加してください。メーリングリストで、MCTの理論とMCT-Jの実践に関する情報、および研修会等開催の情報を共有します。

入会申し込み

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s.jpg Mネットの活動目的に賛同し、MCT-Jを実施予定であれば入会フォームよりご登録ください。
 会費は徴収しておりません。
※学生の方は、学生の方へ」を必ずお読みください。


Mネットの役員と運営方法

 当面の間、会長を石垣琢麿(東京大学大学院教授)、事務局長を細野正人(東京大学大学院特任助教)とし、事務局を東京大学駒場ピアサポートルーム内に置きます。今後は、会員を構成員とした「Mネット運営委員会(仮称)」設立します。運営方法は同委員会の審議を得て改訂します。また、同委員会において「Mネット会則」も制定します。

Mネットの目的

1. M ネット会員は、わが国における精神障害当事者の福祉向上を唯一の目的とし、その手段としてMCT およびMCT-J の普及に努力します。
2.MCT の理論とMCT-J の実践方法、および研修会等に関する情報を会員間で共有します。
3.MCT-J の日本語訳や使用法の標準化について検討します。
4.MCT を用いた研究(基礎および臨床)を促進します。

Mネットの運営方法

1.当面の間、会長を石垣琢麿、事務局長を細野正人とし、事務局を東京大学駒場ピアサポートルーム内に置きます。
2.MCT-Jを使用している、あるいは使用を予定している方であれば、職場、職種を問わず会員になれます。ただし、MCT-Jを使用するにあたっては、MCTのホームページでオンライン登録を行わなければなりません(登録URLは入会時にお知らせします)。なお、オンライン登録をせず、MCTを応用した独自のツール、技法を開発、使用されている方は、会員登録時にその旨をお知らせください。
3.会員に登録するためには、当HPより入会申し込みを行い、会長と事務局長の両名から登録許可を得ることにします。
4.Mネットのメーリングリストを開設しましたので、会員はそこに参加してください。メーリングリストで、MCTの理論とMCT-Jの実践に関する情報、および研修会等開催の情報を共有します。
5.当面の間、会費は徴収しません。
6.会員を構成員とした「Mネット運営委員会(仮称)」を今後設立します。運営方法は同委員会の審議を経て改訂します。また、同委員会において「Mネット会則」も制定します。

会員登録・退会方法

 入会ご希望される方は、Mネット創設のお知らせをよく読み、入会フォームよりご登録ください。入会するとMCTのダウンロードURLをメールにてお知らせします。なお学生が入会する場合、指導教官の推薦書が必要になります。詳しくは、「学生の方へ」をご覧ください。なお、Mネット退会する場合は、問い合わせフォームより退会希望の旨をご連絡ください。

注意事項

※手続き完了までには、1週間~2週間の時間がかかる場合があります。予めご了承ください。
 入会完了時のメールには、URLが張り付けられているため、”迷惑メール”として処理されてしまうことが報告されています。入会申し込み後、2週間経っても、入会完了メールが届かない場合は、迷惑メールになっていないかを確認して、届いていない場合は、問い合わせフォームよりご連絡ください。
 現在、入会受付は医療従事者や福祉従事者等の支援者に限定させていただいております。予めご了承ください。

Mネット創設にご賛同いただいた方々(敬称略 五十音順)

石垣琢麿(東京大学大学院総合文化研究科〔認知行動科学〕教授:医師・臨床心理士)
笠井清登(東京大学大学院医学系研究科〔精神医学〕教授:医師)
川添郁夫(弘前大学医学部保健学科講師:看護師)
菊池安希子(国立精神・神経医療研究センター/精神保健研究所/司法精神医学研究部室長:臨床心理士・精神保健福祉士)
高橋昇(国立病院機構花巻病院/心理療法室室長:臨床心理士)
田中宏明(大阪府立大学地域保健学域/助教/作業療法士)
野村照幸(国立病院機構さいがた病院/精神科心理室:臨床心理士)
則包和也(弘前大学医学部保健学科講師:看護師)
芳賀大輔(医療法人北斗会さわ病院/デイケアセンター:作業療法士)
葉柴陽子(東京都医学総合研究所研究員:臨床心理士)
福智寿彦(医療法人福智会理事長/すずかけクリニック院長:医師)
古村健(国立病院機構東尾張病院/臨床心理部門:臨床心理士・東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
細野正人(東京大学大学院総合文化研究科:精神保健福祉士)
松原六郎(公益財団法人松原病院理事長:医師)
山崎修道(東京都医学総合研究所/心の健康プロジェクト主任研究員:臨床心理士)